お気に入りブログ更新情報

和解交渉は一発勝負!

過払金返還請求において、和解交渉は最大の山場で、
かつ、最も重要なポイントだと思います。

そりゃそうです。
お金を取り戻したくて返還請求したワケで、
その金額が、この交渉によって決まるワケですから...。

で、
その和解交渉で、一番厄介なのは「一発勝負」ということ。

引き直し計算や訴状・準備書面に関しては、
提出する前に、何度もチェックするチャンスがありますが、
和解交渉ではそれがありません。

「交渉術」ということだけを考えてみれば、
ほとんど経験の無い私たちよりも、業者の方が上手だと思います。

でも、過払金返還の和解交渉においては、
難しいテクニックや駆け引きは必要ないと思います。

単純に、
「自分の希望金額を主張して、頃合いを見て判断する」だけです。

ちょっとポイントをまとめてみました。

1つめは「和解のボーダーラインを、ハッキリ決めておく」

妥協できる金額を決めておくことが大切だと思います。
それ以下なら、キッパリ「No!」で。

2つめは「連絡はこちらから」

外出先や忙しい時に業者から連絡があった場合には、
「こちらから、改めて連絡する」ことがポイントだと思います。

手元に資料が無かったり、バタバタしている時に対応しても、
上手くいくワケがありません。

資料もそろえて、落ち着いた状態で交渉するべきだと思います。

3つめは「即答は避ける」

相手の主張に、疑問や不安を感じたら、
「その点については、後日改めて連絡させていただきます」と
いい意味で「時間を稼ぐ」ことがポイントだと思います。

折り返し連絡するまでに、しっかり調べることが可能ですので、
相手の主張を分析でき、自分の考えをまとめることができます。

4つめは「冷静に対処する」

慣れない「和解交渉」で緊張するとは思いますが、
いい意味で「楽しむ」ことがポイントだと思います。

追い込まれているのは、業者の方であって、
イニシアティブは完全にこちらにありますので、
冷静に対応していけば、必然的によい結果になると思います。

な〜んて、偉そうに書いていますが、
私自身、これを全部実行できていたなら、
「もう少し、マトモな結果になっていただろうなぁ〜」と思います。
(やり直したいですぅ〜...。)

和解交渉は「一発勝負」といっても、
事前にシッカリと準備さえしておけば、怖がることはありません。

現在戦っている方々は、
私のような、ヘタレな結果にならないように、
頑張ってもらいたいと思っています。
posted by 過払い太郎 at 2011年02月05日 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和解交渉の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。